保険が適用されない

悩む男の人

男性型脱毛症を発症して、病院に行く人が増えています。最近では、テレビコマーシャルでも宣伝しているように、男性型脱毛症の治療薬が病院で処方してもらえるようになったからです。しかし、男性型脱毛症の治療には健康保険が使えませんから、高額な治療費がかかることになるのです。 もう少し具体的に言うと、男性型脱毛症の原因物質は、ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが変化してできた物質ですから、男性ホルモンが分泌されている以上は、治療薬を飲み続ける必要があるのです。要するに、男性型脱毛症の治療には長期間必要で、それだけ治療費がかさむことになるのです。さらに、病院で処方される治療薬は先発医薬品ですから1錠あたりのコストも高くなります。

男性型脱毛症の治療費を節約するために、エフペシアを使ってみる方法があります。エフペシアは、男性型脱毛症の治療薬であるフィナステリドのジェネリック医薬品ですから、1錠あたりのコストを抑えることができるのです。 ただし、エフペシアを入手するには、海外から個人輸入をする必要があります。医薬品の個人輸入には、いくつかの制約がありますが、以前に病院で男性型脱毛症だと診断がついているのであれば、それほど問題はないはずです。 しかし、用法用量はしっかりと守る必要がありますし、他人への譲渡も禁止されていますから注意してください。 今では、インターネットの個人輸入代行サイトで比較的簡単にエフペシアを入手することが可能です。